マンション経営

本日は、恵比寿の「一風堂」です。

昨今、たくさんおいしいラーメン屋ができましたが、

たまに一風堂に”原点回帰”したいときがあるんですよね。

んー、、、やっぱりうまかったです。名店。

さて、本日はマンション経営のお話。

いい物件は品川とか恵比寿などの人気エリアに偏っています。

今後値もつり上がり、さらに手を出しにくくなると見ていいでしょう。

不動産投資というのは、いろいろな投資ジャンルと比較してみても、

とても魅力的だということが理解できると思います。

多くの成功例などの情報が広がり、

学生や若手の方においても不動産投資を選ぶ人がかなりの数いるのでしょう。

株式だったり金融投資などと比較してみても失敗する要素が少なく、

経営方法を間違わなければ財産を失うことがほとんどない投資分野なのです。

そういった事情からここ数年注目されているのです。

マンション経営については、

価格が低めで利回りに期待が持てる中古マンションが高く評価されていますが、

中古であっても、通学や通勤で使うはずの駅まで、

徒歩10分圏内の便利な場所に建っていることが必要です。

なぜなら、不動産投資において、空室が埋まらないことは大きなリスクだからです。

そのリスクを払拭するために、家賃保証をする管理会社が増え出してきましたが、

実際のところ経営者側にとってプラスになることはないと明言します。

マンション経営というと、

「いくら節税になるか」

とか、

「利回りに注意せよ」

などと言われることがありますが、金額の面に捉われてしまうと、

思いとは裏腹に当てが外れるということもあるかも知れません。