サブリースは一種の転貸借

一括借り上げをうたうサブリースは、

アパート・マンションなどの家主と

管理する不動産会社の間で契約のもとで実施される

一種の転貸借なわけで、

普通のアパート経営と同じものと考えてはいけません。

そのため、サブリースで気をつけるべきことも忘れないようにしましょう。

アパート経営というものは、

株式とかFXなどと照らし合わせてみても堅実性があると言われ、

デタラメな経営をしない限り財産を失うことがない

と言える投資ジャンルです。

今現在注目されている理由はそこにあるのだと思います。

投資の素人にもためになる不動産投資セミナーは、

区分マンションだとかアパート経営の始め方

などにフォーカスしており、

セミナーの内容がどれも興味をそそるものばかりであるということから、

今はどのセミナーも満席状態です。

マンション経営での投資となると、

リフォームしたりリノベーションしたりすることも

一つの投資と考えることになるわけです。

そのような考え方をするわけは、

リフォームやリノベーションを施せば、

言わずもがな家賃の維持や上昇が可能になるからなのです。

賃貸経営とは何かと言うと、

マンションなどの賃貸で得られる賃貸料

で稼ごうとする不動産投資方法の一つです。

原則として、購入価格と売却価格の差によって収益を出すもの

ではないと考えてください。

アパート経営は、空室が大きなリスクです。

それをなくすということで、

一括借り上げをする管理会社が登場してきましたが、

実際のところ家主側にはほとんどメリットはないと考えていいでしょう。

収益物件というのは、

毎月契約時に決められた額の家賃収入が得られる投資物件のことなのです。

賃貸マンションやアパートなどが該当しますが、

しっかりと必要知識を得ておくようにしないと成功できません。

マンション投資については、

お手ごろ価格の中古物件への関心が高まっていますが、

築年数または築年月日はしっかり確認してください。

コンクリで造られたものでも、

60年から80年ぐらいが寿命と考えられますから、

それまでの期間で家賃は最大いくらぐらい受け取れるのか

は築年数がポイントになります。

収益物件のうち、賃借している人がいない状態の物件

のことを空室物件と言うのです。

こういった物件では、

とにかく入居者を見つけなければいけないわけですが、

契約してしまう前に、十分に室内を内見できます。

不動産投資では、好ましい物件との出会いだけでなく、

実力のある営業マンと関係を築くことも大層大事です。

資料請求も理想的な営業マンとの出会いを得るためのオススメ方法です。

不動産投資のベテランになると、

物件の採算性が良いかどうかの検討をする時に利回りを見ます。

とは言っても利回りには計算方法による違いがあり、

実際の運用に近いものを求めている時は

実質利回りと名付けられたものが便利です。

不動産投資に際して、

たいていの人が始めに行う資料請求について言いますと、

不動産会社の方もそんなに優良顧客だと考えたりしませんので、

躊躇なくお願いしちゃってください。

不動産投資セミナーにつきましては、

中古物件に関するセミナーに決まっていると

信じている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、土地を購入するといったところから始める

新築アパート経営を指南するようなものも結構あるのです。

将来性が危ぶまれるという噂が飛び交ってから、

かなり月日が経っていると思うのですが、

ここにきて以前のように盛り上がってきているらしく、

いろんな場所で不動産投資セミナーが催されること

が多くなったと言えるでしょう。

近年話題になっている不動産投資セミナーについて言いますと、

大部分のものは納得の内容だと思われます。

もっとも、高いノウハウなんかを買わされたりするケース

もあるようですから、ビギナーは気をつけてください。

出口戦略をしっかり考えておく

賃貸経営というのは、

物件を入居者に貸すことから得られる収入に集中した不動産投資、

と言っていいでしょう。

大ざっぱに言うと、高くなった時に売ることによる利益を見込む、

といった投資のあり方とは違うということです。

不動産投資は、現地で物件をいくつぐらい見たのか、

が勝ち組と負け組の分かれ目になります。

当初は物足りない物件が多くてうんざりするかも知れませんが、

とにもかくにも資料請求を行うということは大きなプラスになります。

サブリースといわれるやり方は、

所有者とサブリース会社の間で契約を取り交わし、

その上で実行される転貸借と考えられますから、

一般的なアパート経営と同じものと考えてはいけません。

そういうわけで、サブリースの欠点なども調べておく必要があります。

マンション投資を始めても、

いつまでも価値を維持したいのであれば、

定期的にメンテナンスしていくのが大事ではないでしょうか。

言うまでもなく、大手ディベロッパーが関わっているものは、

年数が経ったものでも価値が減りにくいみたいです。

不動産投資がイメージ通りになってくれば、大概の内容については、

管理をお願いした不動産会社が代行してくれるため、

正真正銘の副業にすることができます。

こうした点が、不動産投資の魅力の一つと言えるでしょう。

収益物件を調べることが必要な場合は、

物件価格や利回りを考える必要がありますが、

同時にそこに住む人の気持ちになって考えることを心がけてください。

何だかんだ言って、庶民的感覚から離れないようにすべきなのです。

マンション経営というと、

「税金を幾ら位安くできるかや利回りが重要だ」

等と言われることがありますが、

そのような損得計算にこだわっていては、

余計に期待が裏切られることもあり得るでしょう。

アパート経営をする場合、

空室がなかなか埋まらないのが一番のリスクだと考えます。

そこに目をつけて、

家賃保証をする管理会社が見られるようになりましたが、

実態はアパート経営者側には何一つ良いことはないと明言します。

困ったことに、どんな人間だって、

いつ事故に遭って入院ということになるか、

先のことはわかりません。

そんな最悪の事態に備えてマンション投資に尽力すれば、

多少は助けになると期待できます。

不労所得として人気の不動産投資は、

いろいろな投資方法の中でも、

きわめて面白味があることに気づきます。

失敗率の低い投資という噂が流れ、

投資がまだ不慣れな人でも、

不動産投資を始める人がとても多くいるのだと思います。

初めての人が手を出していいのは、

ギャンブル的な海外不動産投資なんかではありません。

国内で不動産を購入し、

その家賃などによる利益を得ようという、

正統派の不動産投資のみだと言えます。

但し、現在の国内不動産市場は非常に高騰しており、

こういうタイミングでしっかりと利益を確定していくことは、

出口戦略という観点で非常に重要です。

実は私も、この9月に、所有している区分マンションの一つを売却しました。

売却を検討している方は、まずは一括査定を依頼して、

複数の仲介業者にコンタクトを取りましょう。

良い不動産仲介業者が見つけることは、売却を成功させる必須条件ですので。

一括査定の概要やおすすめのサービスについて、

私は下記のサイトを参考にしました。

一括査定でマンションを高く売却する方法 | ランキング・比較・おすすめ・売る流れ・注意点

ハワイ等の海外不動産投資をする際に留意すべきことは、

為替の変動です。

何とか賃貸料を得ることができても、

現地通貨が安くなれば、

その投資自体は損失という計算になることもあります。

アパート経営をする際に、

新築物件を買って始める場合もありますが、

中古物件をリフォームして始める場合もあり、

殊に住みやすさや交通の便などにも配慮している物件は、

いつも引っ張りだこです。

家主にとって、サブリース(一括借り上げ)は、

空室対策で苦悩しなくて済むなどのメリットに目が行くのですが、

保証される家賃は定期的に見直されるとか、

メンテナンス費用はオーナー持ちなどの欠点もあるということです。

当世はアパート経営などの不動産投資は、

株取引以上に有効な資産の活用法として支持されていますが、

そういう社会情勢を物語るかのように、

不動産投資セミナーがしばしば開かれていますので、

興味のある方はどうぞ。

立地の良さは大きなポイント

今日の昼は、息子と二人で恵比寿の「AFURI」に行きました。

息子は初めてのゆず塩ラーメンに感動し、「毎日食べたい!」と言ってました(笑)

さてさて、うまくいくマンション経営のために必須なのは、

外部的には立地の良さ、

内的には目的に合ったプランがラインナップされていることだと思います。

立地が良くて内的にもベストな物件であれば、

ずっと入居者がつかないというリスクは減るということです。

昨今はアパート経営などの不動産投資は、

株式等の投資より有力な資産形成方法として定着していますが、

そういったご時世を物語るかのように、

不動産投資セミナーが方々で催されているとのことです。

アメリカ・アジア等の海外不動産投資に関して、

留意しなければいけないだろうと思われるのは、

為替には変動というリスクがあることです。

遅れることなく家賃が支払われても、

現地通貨とのレートで日本円が高くなったら、

その投資自体は失敗と言わざるを得ません。

節税にもなると言われるマンション経営ですが、

空き室リスクの少ないマンションは、

一部の人気エリアに集中していると言えそうです。

この先価格も上がって、今よりも参入の壁が厚くなるのではないでしょうか。

収益物件を取得するということで探していると、

もうだれかが賃借している物件にでくわすことも珍しくありません。

これはオーナーチェンジ物件と言われ、

買ってすぐに家賃が期待できるのです。

マンション経営において一番いいのは、

今住んでいる人がそのまま購入してくれることだと言っていいでしょう。

であるとするなら、

まじめに管理に取り組んでいる物件を見つけることを目指してください。

アパート経営と比べられるものとしてマンション経営というのがありますが、

マンション経営に関しましては、

マンションの一室に投資するという方式が中心となっていて、

アパート経営とは異なると言えるでしょう。

不動産投資でしばしば資料請求がされますが、

掲載している利回りの数値が実態を表していると考えてはなりません。

おおよその利回りが、

家賃の値下がりなどを加味していないのが普通だからです。

首都圏では管理運営専門の不動産業者により、

企画・運営される不動産投資セミナーが多数開催されており、

その大半が参加費も徴収されることなく参加することができます。

それぞれ参加者も多く、不動産投資の人気のほどが分かります。

サブリースを組めば、借りた物件の転貸借により、

アパートやマンションの所有者に月々固定の収益を約束してくれるわけですが、

その金額というのは通常の家賃の80%もしくは90%程度であるらしいです。

マンション経営の説明では、

「税金を幾ら位安くできるかや利回りの良さが大切だ」

などと言われることが多々ありますが、

お金に関わる数字を意識しすぎたら、

反対に残念な結果になるといった可能性も考えておくべきです。

アパート経営については、

なかなか入居者が決まらないのが大きなリスクだと言えます。

そのリスクに目をつけて、

一括借り上げをする管理会社が増え出してきましたが、

現実的にはアパート経営者側には全く得することはない、

と思って間違いありません。

不動産投資と言われるのは、

保有している不動産を転がすのも1つでしょうけれど、

こうした景気の良かった時期のように、

売買差益を得ることを目指す投資じゃなく、

手堅く家賃収入を狙うという簡潔明瞭な投資です。

アパート経営に乗り出す際に、

新築を買って始めるケースもありますが、

中古物件を買い取って始めるという人が多く、

とりわけ交通手段や生活の利便性などにも気を配った物件は、

常に人気が高い傾向があります。

家賃を収入源とする不動産投資においては、

収益物件の品定めをするようなときに利回りと称される数字を参照しますが、

殊に年間に得られる家賃から経費分を引いて、

これを購入金額で割って出される「実質利回り」を使うことが多いようです。

マンション経営

本日は、恵比寿の「一風堂」です。

昨今、たくさんおいしいラーメン屋ができましたが、

たまに一風堂に”原点回帰”したいときがあるんですよね。

んー、、、やっぱりうまかったです。名店。

さて、本日はマンション経営のお話。

いい物件は品川とか恵比寿などの人気エリアに偏っています。

今後値もつり上がり、さらに手を出しにくくなると見ていいでしょう。

不動産投資というのは、いろいろな投資ジャンルと比較してみても、

とても魅力的だということが理解できると思います。

多くの成功例などの情報が広がり、

学生や若手の方においても不動産投資を選ぶ人がかなりの数いるのでしょう。

株式だったり金融投資などと比較してみても失敗する要素が少なく、

経営方法を間違わなければ財産を失うことがほとんどない投資分野なのです。

そういった事情からここ数年注目されているのです。

マンション経営については、

価格が低めで利回りに期待が持てる中古マンションが高く評価されていますが、

中古であっても、通学や通勤で使うはずの駅まで、

徒歩10分圏内の便利な場所に建っていることが必要です。

なぜなら、不動産投資において、空室が埋まらないことは大きなリスクだからです。

そのリスクを払拭するために、家賃保証をする管理会社が増え出してきましたが、

実際のところ経営者側にとってプラスになることはないと明言します。

マンション経営というと、

「いくら節税になるか」

とか、

「利回りに注意せよ」

などと言われることがありますが、金額の面に捉われてしまうと、

思いとは裏腹に当てが外れるということもあるかも知れません。

引越し?

今日の昼は、品川にある「なんつっ亭」です。

濃厚スープと麻油がベストマッチ。

最高の一杯です。

さて、最近、引っ越しを考えていることもあり、中古物件の購入も検討しています。

新築は高いし、中古もいいモノがあれば全然OK。

そもそも不動産の物件価値は、築年数などと大きな関連性がある。

やっぱり、建設されてから長い年数が経過した住宅は、

価値も低いと見なされるということ。

そして、それは価格にも反映される。

築年数が古い物件などは、全体的に販売価格も低め。

なので、購入費用を抑えたい時には、やっぱり中古物件がベスト。

確かに新築の住宅と比べれば、フレッシュな雰囲気には無いけど、

なんでも済めば都だと思っているわけで。。

場合によっては、リフォームすれば新築みたいになって、

それでいて新築よりもはるかに安上がり。

ってか、、、物件購入する前に、今のマンションを売らないと!!

でも、どうやって売ればいいかよくわからない。

まずはネットで調べるか。

不動産の仲介をやっている業者とか、全然わからなくて、

正直、「不動産」というだけで、全てが怪しく見えてくる。

大手はともかく、ほとんど名前も聞いたことのないような、

知らない業者ばかりなので。。。(すいません。)

ということで、、目ぼしい物件と売却について、色々と調べてみることにします。

ラーメンは日本の食文化

今日の昼は、目黒にある「麵屋 黒」です。

家系の直球という感じで、この界隈ではNo.1の家系ラーメン。

麺の太さ、持ち上げ具合、濃厚なスープ、バランスのいいチャーシュー、

どれをとっても最高レベルです。

最近、ごはんが無料&おかわり自由、になりました。

私の場合は、麺や具を全て食らい上げた後、

スープに絡ませながら白飯、という流れです。

ラーメンと一緒に白飯、、という形もありかと思いますが、

やはりラーメンと作ってくれた人に敬意を表したいので、

ラーメンはラーメンそのものをしっかり味わっています。

私がラーメン好きということもあり、

5歳の息子と3歳の娘もラーメンが大好きになりました。

土日に、「ランチは何食べたい?」って聞くと、ほぼ決まって、

「ラーメンっ!」(by 息子)
「らーめんっ!」(by 娘)

と返してくる。

でも、栄養が偏りがちなのと、塩分や油が多いという理由で、

妻には毎回ものすごい嫌な顔をされます。

妻はそんなにラーメンを食べたくないようです。

(私は毎食でもいいのですが…。)

子供達がおいしそうにラーメンを食べている姿を見ると、

とても幸せな気持ちになるんですよね。

それは、私がラーメンを好きだから、という理由ではなくて、

おそらく、日本食や日本文化を好きになってくれている、

っていうことなのかなと思います。

やっぱりラーメンは日本の文化ですね。

明日は何を食べよう?